部門紹介

石垣の事業は、営業部門、計画部門、設計部門、製造部門、実施部門、プラント部門の6つの部門で構成されています。
営業部門

SALES

営業部門

顧客との窓口として、受注から納入に至るまでの全ての工程に携わる部門です。顧客のニーズを的確に捉えて社内の関連部門に伝達し、総合的な技術提案を行うことで受注に結び付けます。受注後は会社の顔として顧客と関わり、社内の様々な部門と連携して納入までの進行を管理します。顧客の信頼を獲得し、良好な関係を構築する人間力や社内の調整を行う管理能力などが培われます。1つの物件を「自分の物件」として、最初から最後まで携わることができる点も営業部門の魅力です。
計画部門

PLANNING

計画部門

受注に向けて、上下水道プラント設備や機器の技術提案を行う部門です。入札時に提案する機器の仕様や基本設計を決めるだけでなく、積算業務や顧客への技術プレゼンテーションも行います。自社はもちろん他社の最新技術など最先端の技術にも精通し、情報収集や同業他社の技術分析から顧客提案や新商品の開発につなげるなど、当社製品の販売拡大を担います。業界団体との窓口業務も計画部門の重要な役割の一つです。業務範囲が幅広く、技術力や提案力を発揮できる部門です。
設計部門

DESIGN

設計部門

石垣製品の設計作業を行う部門です。「本体設計」と呼ばれ、計画部門から情報を引き継ぎ、顧客の要望に最適な製品の設計を行います。完成した設計図が製品製造における元となるため、寸分の狂いも許されないプレッシャーがありますが、「自分が作った設計図を元に製造された製品が、水環境の保全に役立つ」という、技術者としての誇りを感じる部門です。また、既存の製品だけでなく、新製品の設計業務に携わることもあるため、様々な種類の設計にチャレンジできます。
製造部門

MANUFACTURE

製造部門

設計部門で作成した設計図を元に、顧客へ納品する製品を作り上げる部門です。具体的には、製造に必要な資材の発注や作業工程の管理、工場内での部品の加工・塗装・製品の組立などを行います。一つの製品を製造するにあたり、各部門の社員が一つのチームとなって取り組みます。組み立てる製品は大小様々で、特に海外案件の場合は、かなり大型な製品が多いです。個別受注生産のため、案件ごとに異なる仕様の機種に携わることができ、チームワークによる「ものづくり」の楽しさが味わえる部門です。
実施部門

PLANT DESIGN

実施部門

受注したプラント施設の具体的な設計を行う部門です。入札で決まった様々な条件を元に、顧客にとって使い勝手が良く、機器の充分な性能を引き出せるように顧客や関連業者と協議しながら施設の設計を行います。製品の配置だけでなく、配管や電気、ネジ1本に至るまで工事に必要な図面を作成します。図面に基づき工事が完了した後、「試運転」を行い、プラントの完成を確認するのも本部門の業務です。「自分が設計したプラントが、カタチになって全国で活躍する」というやりがいのある部門です。
プラント部門

CONSTRUCTION

プラント部門

実施部門が作成した工事図面に基づき、上下水道プラント設備の工事を施工する部門です。製品にかかわる据付・配管・電気・塗装等の作業を関連業者と協力し、スケジュールに沿ってプラント施設を建設します。当社は建設業の許可資格を有しているため、現場責任者として工事に携わります。石垣製品が実際に人々の生活に役立つ地域に赴き、たくさんの人と協力して工事を完成させた時は、桁外れの充実感を味わえる部門です。常に違う現場の工事を担当するため、豊富な経験とノウハウが得られます。